社労士試験1週間前~当日の過ごし方

前のページから引き続き、このページでは、社労士試験1週間前~当日の過ごし方についてアドバイスさせていただきたいと思います。

●社労士試験1週間前~前日の過ごし方

この時期は、社労士試験本番に向けた準備期間です。最後の追い込み学習ももちろん大事ですが、試験当日を、万全の状態で迎え、また過ごすことができるよう、準備にも時間を割くようにしてください。具体的に、社労士試験1週間前~前日の過ごし方として、まず大事になってくるのが、会場およびそこまでの交通手段の確認です。
会場については、大学のキャンパスが試験会場になることが多いのですが、大学によっては、校舎が複数あって試験会場の場所がわかりづらいケースがありますし、また正門から校舎まで距離が離れているところもあります。もし時間に余裕があるのなら、一度下見をしておくと安心です。交通手段については、当日の電車遅延や運転見合わせ等を想定して、代替の交通機関を事前に確認しておくようにしてください。
また会場および交通手段の確認と併せて、持ち物に関するチェックリストを作っておくと、当日の朝に必要な物を探して慌てたり、あるいは大事なものを持っていくのを忘れたりといったトラブルを防ぐことができます。

●社労士試験当日の過ごし方

自宅を出る前に、事前に作成しておいたチェックリストで持ち物を確認すると思います。8月下旬の残暑の厳しい中での試験ということで、暑さ対策は万全かと思いますが、意外と忘れがちなのが、寒さ対策です。会場または座席によってはクーラーが効きすぎて、寒く感じられることもありますので、特にクーラーが苦手な人は、何か羽織るものなどがあると安心です。
さて、いざ試験が始まってしまえば、あとは持てる力を出し切るだけなのですが、社労士試験当日の過ごし方として、ひとつポイントになってくるのが、午前と午後の試験の間にある休憩時間の過ごし方です。なかには受験仲間同士集まって、午前の試験の答え合せをする人がいますが、それはおすすめできません。休憩時間は、他の声に煩わされることなく、ひとりでリラックスしたり、あるいは午後の試験に向けた準備をしたいものです。できれば、朝、会場に着いた段階で、静かに過ごせそうな場所にあたりをつけておくと、休憩時間をフルに有効活用することができます。

>>必要なものがすべてそろうのが利点の通信講座での勉強法

>>学校に通わないと勉強が続けられない人のための通学勉強法